2010年11月24日 (水)

スープリームサーフの Surf Prescriptions (DOC) サーフボード試乗会


P1070329*.jpg

スープリームサーフ主催のサーフボード試乗会に行って来ました。

板は、Surf Prescription のショートボードで、パフォーマンス系もファット系もあって、いろいろ乗り比べてみました。

まぁ、板の細かい違いなぞわからないテケテケサーファーなので、超主観、超テキトーですけど忘れないうちに感想を書いてみたいと思います。(間違ってもこのレビューを真に受けて板を選ぶなどしないよーにw)

コンディションはサイドオフ強、胸肩たまに頭近く▼30点(波伝)。テイクオフで板が落ちづらいトロハヤダンパーで決して良くはないんですが、なんとなーくそれぞれの板の感触はつかめたかな。

________________________________________________________

最初に乗ったのが、写真下から4つ目のシングルフィンの5'6"。「ブッシュワーカー」というモデルのシングルフィン版だそうです。

シングルフィンは初めてです。
短い板なのにパドルはスムーズ。浮力があるのと、シングルフィンでドラッグが少ないからかなと思いました。
テイクオフは浮力があるので速いのですが、板が軽いのでノーズが落ちにくい気がしました。オフショアがかなり強いので、こういうコンディションの時は板が重い方が良いなと思いました。

さて、何度かテイクオフをトライした後、やっと横に行ける波を捕まえました。
レールを入れようとするのですが、きちんと傾けられていないからか、また前後バランスが悪いからか、うまくターンが出来ません。テイクオフ直後に軽くワンターン入れて走り出したいのに、うまくターンできず、また少し大きめのターンを(気持ちの中ではドライブして行きたいところ)しようとしても不安定な感じ。

自分の腕のなさをガツンと指摘されました。いままでどれだけサイドフィンに頼っていた事か・・・

ボードに乗る場所も悪いようです。スタンスとか腰、体の向きとか、もう、全部悪いみたい。

シングルフィンで気持ち良いターンを描けるようになるには、まだまだ修行せい!と言われた気分です。逆に言えば、シングルの良さを味わうまでに上達したいな、と火をつけられた訳ですが。というわけで、こういうの1本欲しいなー。

________________________________________________________

次に乗ったのは、一番下の板。P監督の板で、パフォーマンスボードです。「リルバディー」というモデル。サイズは確か5'9"でトライフィン。

浮力は全然足りないのですが、その前に乗っていたシングルフィンと比べると、いやー快適!波に慣れたからかも知れないけど、浮力ないのにフツーにテイクオフできます。

自分のサイズで1本欲しいなー。

________________________________________________________

次は下から2つ目の板。「F-80」という板で、パフォーマンスボードです。サイズは5'11"でトライフィン。

いつも自分が乗っているパフォーマンスボード(6'1")とサイズが近いこともあって、調子良く乗れました。持ってみた感じは少しボリュームが足りない感じもしたけど、ぜんぜん調子良かった。

こういうおしゃれなブラシの板も1本欲しいなー。

________________________________________________________

次は下から5つ目の板。「レトロツインスタビライザー」という板でサイズは確か5'6"のトライフィン。幅広のアウトラインでサイドフィンあたりにウイングが入っているフィッシュテール。デッキはフラット(コンケーブ?)でパドルの時にお腹に優しいのが気に入りましたw。

自分が持っているM10のHog Fishにかなり近い感じ。こういう板はスモールでマッシーな波も行けて、トライフィンだからかウイングが入っているからか分からないけど、普通のパフォーマンスショートと比べても遜色無く動くので重宝してます。

この板でいい感じの1本(自分比)にも乗れたので、良い板です。それに、このデザインはオッサレーです。

M10もそろそろ寿命が近づいて来たので、ぜひ1本欲しいなー。

________________________________________________________

最後に乗ったのが、下から3つ目の「ニュートイ」。サイズは5’8”くらいだったかな。クアッドフィンでイーグルノーズ。ノーズのシェイプは結構スリムなので動きが良さそうです。深いチャンネルが4本入っています。

ゲットして数本ショボ波を乗ったものの、プルアウトした後に板をつかもうとしたらフィンに指が当たって切っちゃったので終了。

乗り味はよくわかりませんでした。なので、ぜひ1本欲しいところww

________________________________________________________

写真一番上の板は、5'4"で「ブッシュワーカー」のテールをバットテールにした板だそうです。すごい短い板なのでどんな感じか乗ってみたかったなぁ。

試乗するには波はベストではなかったのと、自分の腕もイマイチなので確かな事は言えませんが、初めて乗ったDOCの板はどれも軽く、パドルもスイスイでかなーりいい感じでした。特にパフォーマンス系の2本は、テイクオフ1本目から全く違和感なかった。

それ以外のファット系の板は、それぞれ個性があって、その個性を引き出して乗りこなすようになる楽しみがあると思いました。すでにファット系を持っている人は、テールの形状を変えたり、フィンの数を変えたりと、探究心は尽きませんね。

それにしても、シングルフィンにはやられたなぁ。でもシングルフィンできちんとカービングが出来るようになれば、トライフィンもかなりうまくなりそう。

最後になりましたが、スープリームサーフの皆さん、そして寒い中カメラを片手に見守ってくれたP監督、どうもありがとうございました!

| | コメント (1)

2010年1月29日 (金)

今日のオーシャンビーチ

IMG_5597.JPG


IMG_5598.JPG






IMG_5591.JPGIMG_5592.JPG

IMG_5593.JPGIMG_5594.JPG


うねりのお休み。おだやかでした。写真で見ると凄く良く見える。


| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

ふたたびフォートポイント

IMG_5389.JPG


オーシャンビーチは相変わらず制御不能状態で炸裂しているらしい。ともかく強烈なうねりがハワイも北カリフォルニアにもヒットしていて、マーベリックスのコンテストもそろそろやるんじゃないかというくらい。

サンタクルーズのメインポイントも、Surfline(オンライン波情報サイト)によると「Fair(まあまあ)」という評価。さーて、どうすっか。


またキャピトラまで車を走らせるか・・それとも、フォートポイントに賭けてみようか。

家からサンフランシスコ湾を望むとベイブリッジやサンフランシスコの町並みが見える。風も強くなさそうなので、もしかして当たりかもという期待を胸にフォートポイントに向かう。


IMG_5375.JPG IMG_5385.JPG IMG_5390.JPG


IMG_5391.JPG IMG_5394.JPG IMG_5395.JPG


IMG_5387.JPG IMG_5388.JPG


マークに聞いたら、フォートポイントはロータイドが良いらしい。今回はそれを計算に入れて来たので、すでに結構サーファーが入っていた。セットは頭くらい。縦に長い波ながら、早くて掘れたセクションもあり、チューブもちらほら。


入ってピークにつくと結構混雑。でも不思議なほど短周期でセットが入ってくるので、波数は十分。チェック時には分からなかったけど、テイクオフの真下にボッコリ岩が出てるのね。結構怖い。岩から離れたポジションで波待ち。うねりは大きく分けて3つの向きで入って来て、ワイド気味に入るのがショルダー張ってて良さそう。

うねりもチェック時よりも大きくなって、セット頭半くらいに。ローカルのおじさん達がハイテンションで乗りまくってる。


今回はフィッシュを使ったけど波質に合ってたような。ただ、サイズもパワーもあるので、レールを入れるのにきちんと真上から踏んで行かないと曲がらない。苦手な部分を再確認しました。

でもカットバックをつなげてインサイドまでずっと乗って行けるので、すげー楽しかった。途中から人も増えてきましたが、十分堪能できました。


今日は、当たりでしょう。

ゴールデンゲートブリッジとグッドウェーブ。アザラシも出現したりで、サンフランシスコを満喫って感じでした。


(一人で行って波チェック時に撮った写真なので、波に乗ってるのはどこかの誰かです)

| | コメント (2)

2010年1月14日 (木)

新しいスポーツの始まり

Wave Skiing in Hawaii
これ。やってる人やっと見つけた!どんな感じか凄く興味あったんだよね。
「wave ski」で検索すると全く違うスポーツが出てくるばかりだったけど、まさにこれ!つう映像です。出演陣がなにげに豪華ww
やる人が増えてくればなんか凄いことができるようになりそう。トゥイン限定だけど。
まだ、始まったばかりだから、あんまかっこ良くないね。 2本板で波に乗るって一度やってみたい。

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

フォートポイントとキャピトラとオーシャンビーチ

最近の海の状況なぞ。


金曜日、でかそうだなと思ってオーシャンビーチに出かけると、遥か彼方でサイズ不明のパーフェクトウェーブが割れていた。


サーフショップをブラブラしながら、どうしようか考えていると、ふと「フォートポイント」の事を思い出し、行ってみた。


「フォートポイント」は、この辺で一番サンフランシスコっぽいサーフポイントで、ブレイクはなんとゴールデンゲートブリッジの真下。







このポイント、広大なサンフランシスコ湾が太平洋と唯一繋がっている場所だけに、潮が満ち込んでいる時間帯は湾内に向かって、引いてくる時間帯は湾の外に向かって強烈なカレントが発生するらしい。エントリーは岩。北東の強いうねりの時にブレイクするポイントで、いい波が立っているのを見た事がなかったので、いままで行こうと思った事はなかった。チェックしてたときは5ー6人入っていて、良くはないけどそれなりに出来ていたので入水。


インサイドに向かってとても早いカレントがあって、漕いでも漕いでも前に進まない。結局、波も悪くなってきて、3本乗った所で終了。まあ話のネタにはよいかな。


北西うねりは続き、日本に豪雪を、ハワイにグランドスウェルをもたらした低気圧の強烈なうねりも入り始めた。


土曜日の朝、マークに電話。オーシャンビーチをチェックしているマークによると、オーシャンビーチは予想通りの大波で、ヘリでもないとゲットできなそう。マークは、「オーダーしたガンが届いたし、とりあえず入ってみるよ。Wish me a good luck!」 と冗談だか本気だか分からない事を言い残して、オーシャンビーチで入水した模様・・・


結局この日はノーサーフ。


日曜日、サンタクルーズのメインポイントはサイズがありそうなので、キャピトラに行ってみた。


冬の強烈な北東スウェルは、岬をぐるっと回り込みスティーマーズレーンにヒットし、プレジャーポイントやザ・フックにクラシックブレイクをもたらし、ずーっとインサイド、最終地点キャピトラに整ったうねりを届ける。




IMG_5302.JPG


キャピトラの街とピア。メインブレイクはピアのずっと向こうのサンドバー。今回入ったのは、写真の右後ろ方向、300mくらいのところ。






映像は、たぶんキャピトラのメインブレイク。

前にも入ったメインブレイクの方は人も多く、あまり良くなさそう。


ピアの右側でも割れているようで、たまに入るセットは、腹くらいのライトで良さそう。セットしか割れないからか、ピークはパドボ1人のみ。


ちょっとパドルが遠いけど、ピークに到着して波待ち。


セットは5分くらいの間隔で入って来て、トロいけどショルダーがずっと張って行く波。フィッシュにちょうど良いメローさで、乗りつないでいくと、ロングライド可能。


サイズは小さいけど、久しぶりにロングライド。ピークまでパドルで帰る間に休憩が必要なくらい。


毎日この波で出来たらいいなぁ。カットバックやリッピングもなんとなく出来たような。


最近、肩の力が抜けたというか、余分なところに力が入らなくなったようで、調子よい(小さい波オンリー)。


フィッシュって、力入れてもうまく動かないから、これもフィッシュのおかげなのかな。


ところで土曜日にオーシャンビーチで入ったマーク。


新しいガンは、Marc Andreiniシェイプの8’6”だそう。 下の写真はその時のものだけどヤバいね〜。いまにマーベリクスとかやっちゃうんじゃないかな。


19438_245642531157_506571157_3386365_6648384_n.jpg


19438_245639031157_506571157_3386355_373525_n.jpg


19438_245641921157_506571157_3386361_7782834_n.jpg


| | コメント (4)

2010年1月 8日 (金)

オーシャンビーチで初乗り

今年の初乗りは、オーシャンビーチでした。



IMG_5271.JPG IMG_5272.JPG IMG_5273.JPG



IMG_5274.JPG IMG_5281.JPG IMG_5275.JPG



IMG_5278.JPG IMG_5280.JPG


うねりが落ち着いていることを期待して行くと、想像以上に良い波が割れていました。写真はチェック時に撮ったものです。


入水直後から、良い波はどんどん減り、最後にはインサイドダンパーチックになってしまいました。

相変わらず修行な感じです。帰国するまでに多少は上達できるのでしょうか。。


初乗りの結果: ライト x1 レフト x1 降った x1


| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

スランプ脱出、スランプ再突入

P1050163.JPG


前の記事にも書いたけど、ともかく、最近サーフィンがスランプなんです。

波が取れない、波に乗れない、パーリング、ワイプアウト、ゲットではまる、巻かれる、深くまで持ってかれる、目が回る、息が続かない・・・・


でもともかく、海に入るしかないかと海に行ってみたら、どフラット。仕方ないので美しい夕焼けを見ながら砂浜を走ってみたりして(これはこれで良い)。

雨が降るとバクテリアが海に流れ込むので、2ー3日はサーフィンできないし、一度うねりが上がると一気にパワフルになったりで、ここのところ良いとこなしでした。


先週の土曜日、弱いうねりが続きながらも、北北西の新しいうねりが入っている模様。メインの板はリペアに出しているので、フィッシュを持って出動しました。


オーシャンビーチの波をチェックすると、小さいながらも十分楽しめそう。ということで、さっそく入水。


腰〜腹の波に加えて、肩のセットも入って来てファンライド。いわゆるトロハヤの波で、テイクオフが厳しく、その後は抜けるのが難しい速い波。


しかーし、ここでMandalaのフィッシュが威力を発揮したのでした。

浮力があるので、テイクオフはワンテンポ早く、 波のRを狙ってターンをすると気持ちよくドライブして行きます。加速が良くスピードが出るので、普通なら抜けられない早いセクションをビューンと抜けることが出来ました。マッシーなところも失速せずにつなげられるし、最後のローラーコースター(死語?)も決まりました。


日暮れまでたっぷりと、のんびりとサーフィンを楽しみ、久しぶりに「サーフィン楽しいなぁ。やっててよかったなぁ」と思ったのでした。(相変わらず写真はありません・・)


しかし、翌日の日曜日、コンディションは急変。場所は同じくオーシャンビーチ。フィッシュでは自殺行為なので、スペアのスラスター(たかちゃんに貸している板)をチョイス。

友人のマークと、他に2人とパドルアウト。 まっしろ地帯は延々と続き、ドルフィン100回くらいやってやっとラインナップに到達。

セット間隔が結構あって、サイズは頭〜頭半(だけどイン〜ミドルはまっしろ)。


P1050165.JPG  

こんな感じです。止める勇気が必要でした・・。アウト、超遠いし。


テイクオフはシビアで、1mアウトだと板が落ちず、1mインサイドだとリップともども降ってしまうという難しいコンディション。

がっぽり掘れたのを食らうと、ぐるぐる巻きにされるのでうまい位置で待つものの、お化けセットが入って一掃されたり。


アウトにいる他の人を見ていると、長めボードの人が多い。ガンもちらほら。

うまい場所から乗って行く人たちを見て、「すげーなー 、あんな垂直ドロップをリラックスして突っ込んで行けるなんて」と関心しきりでした。こっちの人たちは大きな波でやるのに慣れているんだろうな。ぐるぐる巻かれても、平気な顔して出てくるし。


自分は2時間でやっと1本。しかもしょぼいの。

もう一本と思って、再度アウトへパドルアウト。


その途中、セットが入り、チョープー並のが目の前で割れそうなので(バレルの内側がツルンツルンのマキマキ波)、すぐさまインサイドを向いてパドル。後ろで、ドガーンと音がしたと思ったら吹っ飛ばされて、ボードにしがみついていたら、なんとかスープに乗れて無事帰還。「き・け・ん・だ!」


後でマークと話したら、彼はミニガンで入ったんだけど、何本かいいやつに乗った後、リーシュをつなぐひもが切れて、ボディーサーフィンで帰って来たらしい。それでも、「この4年で一番大きな波に乗れたよ」と楽しそうに話していました。


この日、一番波に乗っていたのは、ペリカンの群れと、ファンキーなアザラシ達でした。


修行はまだまだ続きます。

早くもっと楽しめるようになりたいなぁ。


 


P1040969.JPG  

先々週末、ニューヨークからゆうじが訪ねてくれました。カリフォルニアらしい写真。


P1040975.JPG   

サンタクルーズの4マイル北のポイント、「4 Miles」にてのんびりサーフィン。 波は結構よい。


P1040979.JPG


メローな波で、陽が暮れるまで楽しみました。楽しかったー!


| | コメント (9)

2009年10月28日 (水)

Mandala - Wingless Quad Fish 5'9

日本からシェイパーのManiにオーダーしたMandalaのボードですが、無事、SFのモラスクで受け取る事が出来ました。

ちなみに実際、手にしたのはオーダーを入れてから3ヶ月ちょっと。


IMG_3758.JPG   

今となってはよく見るレトロタイプのフィッシュですが、これだけひらいているフィッシュテールに乗るのは初めてです。


IMG_3738.JPG   

ウィングも入ってないモデルなので、アウトラインは至ってシンプル。


IMG_3740.JPG   

ロッカーは結構ありますね。


IMG_3746.JPG  

ロゴが中心からずれてる(笑)。ムーンライトグラッシングの評価が高いみたいだけど、結局のところ日本のハンドメイドのところと比べるとラミネートの品質は劣る気がします。


IMG_3749.JPG  

フィンはクワッドでRainbow Fin Coのもの。2セットついて来た(?)けどクリア(半透明)のフィンは、微妙に厚くてフィンボックスに入らず。サンダーでガリガリ削ればオッケーっぽいので日本に帰ってから加工しようかと。


IMG_3750.JPG  

黒のフィンも、まあまあかな。ボードの色と相まって渋すぎ。 もう20歳くらい歳を食ったら似合うようになりそう。


IMG_3757.JPG 

で、なんだかんだ言ってもかっこいいと思う。笑


カラーは自分が思っていたのと大分違ったので、少々落ち込みました。ティントでワイン色にしてもらったはずが、レジンに色がついていなくて、クロスに直接色を入れているみたい(クロス巻く時の樹脂に色を入れてるのかなあ)。これってピグメントっつうの?ソリッドな色で、その上からクリアのホットコートなので、透明感のあるワイン色というより、小豆色になりました。


最近のMandalaのボードを見ていると、どれもこのようなシックな色で、ポリッシュフィニッシュは写真のような感じ。ウェットサンドフィニッシュはマットなつや消し。それはそれでどちらもかっこいいけど、昔ながらな透明感のあるティントが好きだなぁ。


3年ほど前に友人のマークが買ったMandalaのフィッシュはもっとロッカーがフラットで、イーグルノーズで、きれいなティントでした。Mani曰く、彼のボードを削ってから今日までに900本ものフィッシュを削っているらしい。ということもあり、マイナーチェンジがかなりあったようで、ボトムのノーズなんかはスプーンのように少しヴィーっぽくなっていたり、ノーズロッカーがパフォーマンスボード並にしっかりついていたりとマークの持っているフィッシュとは全く別のものでした。


肝心な乗り味ですが・・・現在、スランプ中の為、よくわかりません。波もフィッシュ向けの波で入ってないし。

ぐりぐりの掘れた波でも案外テイクオフできるのは驚き。これは単純にボードのサイズが短いからかな?

ボードの重さは、パフォーマンスのスラスターと比べると遥かに重いです。レールも落としてあるとはいえ、ほぼボキシーで水量のある波だとうまく噛んでくれません。ただマッシーなセクションは走って行ってくれます。


スタンスですが、足跡を見ると、後ろ足がリーシュカップのすぐ横まで下がっているんですが、これはいいんでしょうか?

普通のショートだと、通常はサイドフィンの場所に足を置いて、アクションを掛けるときにテールフィンまで下げたりするそうなんですが、フィッシュの場合はフィンカップの所がサイドフィンの位置。そこから後ろにステップバックするのは不可能。


乗り味については、またレポートしたいと思います。

ともかく最近サーフィンの調子悪し。波乗れないし。くやしー。




| | コメント (4)

2009年10月 9日 (金)

ノーカルでサーフィン

日本は台風のスウェルが豊富なようで、今年は当たりですか?

天気図見ながら、血が騒ぐ感覚が懐かしいです。


さて、こっちはというと、コテンパンにやられてます。

波、でかーい。で、グッドコンディションになると、どこからともなくうまいサーファーが現れセッションと化します。そうすると取れる波はわずかです。

スモール(胸肩)だと思って喜び勇んで入水すると、見ため以上に大きくてパワーがあって、グルグル巻かれたりしてます。


「ノーカル」とは、ノールカリフォルニアのことで、北はマリン郡からサンフランシスコ、サンタクルーズ、モントレーまでを指します(多分)。

ロサンジェルスやサンディエゴ(サウスカリフォルニア)の海とはまた違った雰囲気で、サーフシーンも独特です。例えば、今でこそ有名になったサーフショップ「モラスク」はこの土地で生まれました。モラスクはオルタナティブカルチャーなショップですが、サーファブルなビーチにはたいてい小さな個性的なショップが店を構えています。


前の会社で知り合ったサンフランシスコローカルの友人にいろいろと教えてもらっていますが、彼曰く、「この辺は、サウスカルとは違って波も大きくて激しいし、水温は冷たいしハードコアだね」とのこと。こっちの海で思うことは、全てがビッグスケール。景色も、波もパワーも、人もボードも。

「サウスカルは比較的穏やかで、スケードボードみたいなサーフィンだけど、こっちはマジサーフィン。ここに住んでいるからかも知れないけど、サウスカルよりこっちの方が好きだな」という彼。オレはサウスカルの方がいいな・・・。


IMG_3784.JPG 

前の職場で知り合った友達、マーク。サーフィン大好きで、派手な技とかしないけど、バンバン波に乗ってく。Mandala Double Wing Quad Fish乗り。


IMG_3777.JPG 

Montara Beach。ホレッホレの波。


この日のコンディションは、頭〜頭半。お化けそれ以上。

1ラウンドやってコテンパンにやられ、気を取り直して再度ゲットするものの、セットを食らって死にそうになった。マジで。目の前で大量の水がブレイクして、直撃。深くまで持ってかれて、落ち着いて待つものの、いつまでたってもリーシュはビンビンに張ったままで、「息が持たない!」と目を開けてリーシュをたぐり寄せてなんとか水面へ。大した時間じゃなかったかも知れないけど、初めて窒息死するかと思った。


全くもって修行が足りません。


P1040051.JPG 

サンタクルーズから4マイル北上したところにある 4mileの波。  


P1040036.JPG 

穏やかなマーベリックス。炸裂した日にはこの崖は見学者で埋まるそうで。


P1040027.JPG  

サンフランシスコのホームポイント、オーシャンビーチ。北から南まで広い範囲のうねりに敏感に反応し「どんなに大きくなってもクローズアウトしない特徴」を持つ。コンディションの良い時はAフレームの良い波質で、自分自身、フェイバリットビーチブレイクの一つ(ただし、オーシャンビーチは「ゲットが大変」で有名)。


P1040032.JPG  

サンセットセッションを終えて帰る人。


確かこの日のオーシャンビーチは、風がおさまり天気も良くて、良いサンセットセッションでした。平日の夕方で人もそこそこ。ペリカンの群れはセットを捕まえてフェイスをグライドし、イルカはツガイで時折背びれを見せ、アザラシが大量にいて遊んでました。アザラシはちゃんとブレイクのいい場所から波に乗ってた。そんな中でサーフィンしていると、人間は海ではビジターなんだなと思い知らされる。


でも、波待ち中にアザラシ8頭の群れが、2mの距離で「ぶはーっ!」と水中から勢い良く現れるとプチパニックになります。


IMG_3624.JPG  

オーシャンビーチが激しすぎる時は、リンダマーをチェック。


IMG_3628.JPG  

それでもハードですww。ほぼクローズの波。   


P1030892.JPG 

コーナーを見つけてテイクオフするローカルサーファー。


IMG_3631.JPG 

逃げ場がないよね・・


IMG_3638.JPG  

サンタクルーズで一番有名なポイント、「スティーマーレーン」。サンタクルーズはハンティントンに並ぶ、アメリカ屈指のサーフシティーで、サーフ産業が盛ん。

この日は、オーシャンビーチから波チェックしながら南下し、とうとうサンタクルーズまで。ぱっと見、落ち着いていて良さそうなのでスティーマーレーンで入水。クラシカルなリーフブレイクで押しが強く、なかなか難しい。たまに入るセットはダブル。


IMG_3640.JPG   

スティーマーレーンのインサイドは良さそうに見えるんだけど。


IMG_3447.JPG  

これは今回こっちに来て初めて入ったポイント、マーティンズビーチ。


P1030348.JPG    

マッシーな波だけどサイズは大!


P1030366.JPG

出国の準備でバタバタで久しぶりにサーフィン。生き返る感じだねー。








 

リンダマーの映像。

ビデオが表示されない場合はこちら










オーシャンビーチの映像。どうやってゲットアウトすれば良いのでしょうかね。

ビデオが表示されない場合はこちら










 

スティーマーレーンの映像

ビデオが表示されない場合はこちら










 

サンタクルーズハーバーの映像。やばーい。

ビデオが表示されない場合はこちら

| | コメント (5)

2009年10月 7日 (水)

高波を恐れない男達


船乗りってやつは。


軍人ってやつは。


余裕だけど。


この船なら転覆しなそう。


こういうのを本当のおばかさんと言うのだと思います。

(Facebookから見ている場合はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧