« Funk da Deep | トップページ | アメリカ回想 - César Chávez Park »

2010年7月26日 (月)

Drum Circle - Power To The Peaceful Festival 2009






ドラムサークルは太鼓や打楽器を持ち寄って輪になって叩くという、非常に原始的なセッションなんですが、だからこそ魅力を感じています。



この映像は、Power To The Peaceful Festival 2009 の会場の片隅で突発的に始まったもので、色んな人が叩いたり、歌ったり、踊ったりしています。日本でも代々木公園とかでヒッピーぽい若者がジャンベを叩いたりしていますが、このドラムサークルはもっと幅広くオープンで、子供から年寄りまで集まっていました。ぶらっと来て立ち止まる人や、音に身を任せて踊る人、打楽器を担いで来て参加する人。。。



サンフランシスコのヒッピー文化と多様性を象徴するかのようでした。



ロサンジェルスのベニスビーチで週末に行われるドラムサークルは有名でもっと大規模ですが、この間見に行ったときは、少し秩序に欠けていると思いました。大人数で日暮れまでやるんですが、最後は収集がつかないので、パトカーが出動。でも、これもいつものことのようです。

|

« Funk da Deep | トップページ | アメリカ回想 - César Chávez Park »

コメント

ウユニ塩湖の標高4200mの宿でこれが始まって、オレは死にました。
元気にリズム叩いてる人がめちゃうらやましかった。

投稿: まも | 2010年7月27日 (火) 21時14分

高所でのドラムサークルはヤバいすね。でも高所に強い人ならふわふわして良いかも!

投稿: あかひ | 2010年7月28日 (水) 10時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« Funk da Deep | トップページ | アメリカ回想 - César Chávez Park »