« C.R Johnson passed at Squaw | トップページ | Sporten Weed 192 »

2010年3月 9日 (火)

Sporten 「スポルテン」 試乗レポート

IMG_6605*.JPG


(写真右から、Flayer、Weed、Gambler、Storm 188、Storm 179、Cult Sun、そしてCultです)


てれまくり2011で、Sporten「スポルテン」の板に乗ってきましたので、そのレポートです。


コンディションは、土曜日が雨&ガス。硬いザラメでカービングがメイン。少しザラメの溜まったところも選んで滑ってみました。


日曜日は恵みの雪。多少重いものの、雪質はかなり改善しました。新雪は深いところで20〜25センチ。 コブの間等は前日までのザラメが凍り、アイスバーン状態でトリッキー。


スロープは緩斜面〜中斜面。一部、荒れた急斜面もあり、こちらでは大回りで走破性とターンの切り替えのスムーズさをテストしました。


*全てのコメントは、自分が上記コンディションでリフト1〜3本分を滑走した個人的感想であり、必ずしも板の性能を反映している訳ではありません。

*ブーツはREXXAMのData100でBMZにてフルチューン、ブラックのインソールを入れています。

*エキスパートスキーヤーと自負していますが、プロではないので結構いい加減と思ってください。

*スキー板については、独学持論なので、そのへんは過去の記事を参考に。   




6.png


Storm 188 (w/ Diamir FR+)



ゲレンデもクルージングできる、オールマウンテンセミファット。


一番感触のよかったスキー。フレックスがちょうど良くカービングが得意で、気持ち良くゲレンデをクルージングできる。トップにボリュームがあり、パウダーでの浮力のバランスも良さそう。板の返りが早く、レスポンスが良い。


Lenght (cm) 188

Profile (mm) 134-84-114

Radius (m) 15,3


Storm 179 (w/ Diamir FR+)


女性にもおすすめのオールマウンテンセミファット。


基本的には188と同じだが、低速、小回り向き。中〜高速のスピードなら188の方が良いが、小柄な人や、女性にはこちらの方がしっくりくると思う。


Lenght (cm) 179

Profile (mm) 134-84-113

Radius (m) 13,3




5.png


Weed 192 (w/ Diamir Eagle)


ビッグマウンテンファットのフラッグシップモデル。


硬めで張りがあるが、それほどガチガチでもなく取り扱いやすい。だがやはりアグレッシブに攻める上級者向け。Rossignol B3やVector Glide Shiftと同様の系統。数値ではサイドカーブがある割にゲレンデのカービングは苦手。スキーを縦に落として、ストレートアウトするのが得意な板。


Lenght (cm) 192

Profile (mm) 140-104-128

Radius (m) 24




4.png


Gambler 183 (w/ Diamir Eagle)


パウダーでのエアやスイッチスタンスに。


パウダーでのエアトリックやスイッチランディング向けの板で、ビンディングのマウント位置は中央寄り。フレックスは柔らかく扱いやすい。純粋なパウダー板として使用する場合は、ビンディングのマウント位置を3-4センチセットバックすることで、かなり良くなりそう。Weedより幅もありフレックスもいい感じなので、パウダーでの操作性は期待できる。


Lenght (cm) 183

Profile (mm) 143-111-131

Radius (m) 24




3.png


Flayer 187 (w/ Diamir FR+)


可能性未知数のパウダーガン。


長めのノーズロッカーとフラットキャンバー、そしてかなり長いテールロッカー。アウトラインはテーパーシェイプでフレックスも柔らかく、センター幅もあるのでパウダーでの浮力はかなりのものと思われる。踏んでターンするというより、その名の通りパウダーの表面を剥ぎ取るようなターンになるのだろうか。残念ながらゲレンデでは良さが分からず、性能は未知数。


Lenght (cm) 187

Profile (mm) 154-125-131

Radius (m) 17,5








2.png


Cult Sun (w/ Diamir Eagle)


パークやパイプ向けのフリースタイル板。


全体的に柔らかなフレックスで、特に柔らかいトップ部分はスイッチスタンスを意識した結果のよう。ゲレンデでの高速カービングはトップが逃げるためやや苦手。女性や体重の軽い人、脚力のない人がクルージングするのにも向いている。スイングウェイトが軽いフリースタイルスキーヤー向けのパーク板。


Lenght (cm) 174

Profile (mm) 118-84-107

Radius (m) 21,2










1.png


Cult 166 (w/ Diamir FR+)


Cult Sunの昨年のモデル。しっかりしたフレックスで高速のカービングが可能。フリースタイルでもジブやグラトリよりもスロープスタイルやハーフパイプに向いていると思う。今回試乗したスキーはサイズが小さかったため、ワンサイズ長いサイズで乗ってみたい。


Lenght (cm) 166

Profile (mm) 118-84-107

Radius (m) 19,1


というわけで、日本初上陸のスポルテン。かなり多くの方の視線を集めていましたよ。

全体的な作りは、しっかりしていて返りが速いと思いました。カタログを見ると、これらの板は全て同じコンストラクションで、サンドイッチ構造、ABSウォール、ウッドコア(ポプラとブナの複合)、バイアクシャルクロスという具合。ヨーロッパの多くのスキーブランドの板をOEM生産しているだけあって、作りは信頼できますね。



1_2.png


今度は、実際にパウダーやバックカントリーで乗ってみたいと思いました。


|

« C.R Johnson passed at Squaw | トップページ | Sporten Weed 192 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。