« Setting up in Berkeley | トップページ | Outside Lands Music and Art Festival @ Golden Gate Park »

2009年10月 1日 (木)

バークレーという街

P1030496.JPG


ブログの更新がかなーり滞っていますが、なんだかバタバタと忙しくしてます。

大した事ないことでも、今後はちょくちょくアップしていこうかと。がんばります。


カリフォルニア、バークレーに来て早くも1ヶ月が経ちました。

サンフランシスコの東、湾の対岸にバークレーは位置します。バークレーは自由な国アメリカの中でも、一番リベラルな州であるカリフォルニアのまたまた一番リベラルな街の一つで、60年代にはヒッピー発祥の地とも言われています。学生が多くて、センスが良くて、飲食店が多く、リーズナブルで住みやすい街です。


ウィキペディアから引用:



「全米で政治的・社会的に最も進歩的な都市として知られている。60年代のヒッピー文化の発祥の地でもあり、カリフォルニア大学バークレー校では、1964年にはその後の全世界的な学生運動の原点とも言われるFree Speech Movementが発生した。」

「現在でも、学生や市民の価値観は極めて進歩的かつ反体制的であり、時としてそのあまりの独自性から「バークレー人民共和国」("People's Republic of Berkeley")などと揶揄されることもある。」

バークレー市はまた、進歩的なライフスタイルの発祥の地でもある。有機食材など健康的で新鮮な食材を利用したカリフォルニア料理は、70年代前半にアリス・ウォータース("Alice Waters")の創業したレストラン「シェ・パニース」("Chez Panisse")で提唱された新しいスタイルの料理である。このレストランは、現在バークレーやサンフランシスコで活躍中の人気シェフの多くを輩出していることでも知られている。」



ウィキペディアを読むと、なんとも凄い街のように思えるけど、確かに他の街比べてユニークである事は間違いないと思う。この街に住んで納税していることを誇りに思っている人に多く会ったし、以前バークレーに住んでいた人は口を揃えて「良いところ」と言っている。まだ1ヶ月しかいないけど、良い街だと思うし、居心地は良いし、新たな発見をする度にこの街が好きになっていきます。6ヶ月しかいない予定だけど、離れるのが寂しくなるだろうなぁ。


サンフランシスコにヘイト・アシュベリーという地区があり、そこも60年代のヒッピームーブメントで有名になった場所。今では観光地として多くの人が訪れています。

そのヘイトストリートを彷彿とさせるのが、バークレーのテレグラフ。ここはCDショップや洋服屋、雑貨屋などが立ち並び、学生とヒッピーとホームレスが沢山います。


IMG_3486.JPG 

テレグラフの路上で演奏するデュオ。


IMG_3488.JPG

UC Berkeley


IMG_3489.JPG  

キャンパス内は古い建物が多く、歴史を感じさせます。


まだまだ、いろいろ書きたい事はありますがこの辺で。

クオリティを下げて、頻度を上げる方向で行きたいと思います。

|

« Setting up in Berkeley | トップページ | Outside Lands Music and Art Festival @ Golden Gate Park »

コメント

元気でやっているようでなによりじゃぁ〜。
カリフォルニアっていいよね。
写真みてるだけで楽しいからまた日記楽しみにしているぞよ。
(来週、ニート脱出です!やっと就職決まったの☆)

投稿: lucy5 | 2009年10月 2日 (金) 00時41分

お、おめでとうございます。
仕事、楽しいといいね!

頑張って更新しまーす。
ちょくちょく見に来てね。

投稿: あかひ | 2009年10月 2日 (金) 14時09分

この記事へのコメントは終了しました。

« Setting up in Berkeley | トップページ | Outside Lands Music and Art Festival @ Golden Gate Park »