« 久々に海 | トップページ | 新しい板 - DPS Lotus 120 »

2007年2月23日 (金)

Push! - Whistler, Canada

P2170349

スキーを目的としたトリップに、できれば年に一度行きたい。
先シーズンはアラスカだったけど、今年はどこにしようか・・・

アラスカで分かったことは、もっと滑りの技術を上げ、滑りの幅を広げる必要があるということ。
自分をプッシュして次のレベルに持っていくには、そういった斜面が豊富にあり、リスクがマネージしやすいところ。
自分の想うイメージにスキーをアラスカのような場所で実現するには、まだまだ修行が必要だ!

そして、去年からNYに駐在になってしまった、ゆうじを雪山フィールドへ引っ張り出せるところ。
また、去年からサンフランシスコに留学しているぐっさんが来られるようなところ。

最初はジャクソンホールを考えていました。
豊富な急斜面、クリフ。バックカントリー。
目的地としては最適だ。

そんなとき、新井さんとショージ君がカナダトリップを考えているという話を聞き、目的地をウィスラーに変更。

というわけで、今シーズンのトリップ、ウィスラーに行ってきました。
今、帰りの飛行機でこの文章を書いています。

ここで今回のメンバーの紹介。

新井さん:
P2160328_1 
言わずと知れた日本を代表するスキーヤーの一人。
先端を行く人。
詳しくは、u-ki.arai.comを参照。
というのはウソですが、まあ、適当にググってみてください。
早くウェブサイト作ってください→新井さん
同じスキーヤーとして、滑り、道具、人体実験・・・彼の一言一言が勉強になります。
人間性まで真似るのは非常に危険な気も・・・笑。
酒を飲んでしゃべりだすと止まらない。
飲みすぎで翌日の夕方まで二日酔いなことも^^;

ショージ君:
P2170360
今回初めてセッションする、high Pationated Snow Boarder。
彼のスノーボードに対する姿勢には本当に頭が下がる。
朝から夕方まで、どんな斜面でもスノーボードを楽しんでいる。
だから、うまい。彼の後について滑ると本当に楽しい。
ウィスラーで過去3シーズンローカルをしていて、今回のウィスラーの案内は全て彼によるもの。
今回は本当にお世話になりました。
滑り好きが高じて、不帰Ⅱ峰を滑降したり、雪崩のプロになってしまうあたりは只者ではない。

新井さんとショージ君は、ウィスラーの後も、カナダの雪と斜面を求めて1ヶ月ほどロードトリップをする計画(いいなあ)。

ぐっさん:
P2200423
会社都合でサンフランシスコに留学中。
と見せかけて、熱中しているクライミングを謳歌している。
今回は、忙しいスケジュールのなか、ウィスラーに来たためいきなり風邪を引いてしまったが翌日には回復。
アドベンチャーを愛するスノーボーダー。

ゆうじ:
P2210428_1 
去年からニューヨークに転勤になってしまったが、日本にいた頃はほぼ毎回一緒に山に行っていたパートナー。
雪山はもちろん、波乗りも、街でも遊びまくっていた。
最近は、ビジネスの世界でも自分をプッシュしている。東海岸ではスノーボードが十分にできないので今回の滑りのペースはスパルタだったかも知れない。
良き親友。

「自分の限界を少しずつ押し上げること」
スキーに限らず、サーフィンや他のスポーツでも同じだと思うけど、それが面白いと思う根源だし、それがなければ上達しない。

今回、自分が新しい扉を開けたと思った瞬間は、ブラッコムのマッシュを攻めたときのこと。
いつものように、ショージ君の案内でツリーを抜けてスキー場管理区域外に行ったときに、突如現れた崖。

Pillow_line_1 
木は垂直に生えていますから、ほとんど壁・・・・

木をつかんで覗き込んで見るものの、絶壁にしか思えない。斜度は・・・垂直?(なわけないのだが)
絶壁自体はそんなに落差はないが、ボトムには当たったら痛いツリーが。

ツリーに関して言うと、ウィスラーのツリーは針葉樹で、当たると文句なしに痛い。
日本のように松や、笹、広葉樹ではないので腕などを引っ掛けると、木か骨のどちらかが折れる。
ウィスラーのツリーはさらに密集している。密林。

崖の上から枝をつかみながら覗き込んで、ビデオで見るマッシュってこんなんだっけ?と思いながらラインを探す・・・うーん、どのラインもドロップしたら、ボトムまで落っこちそうな斜度だ。ボトムにも木が生えているし。
いくつかラインを見ながら迷っていると、新井さんがラインを決めたらしく、準備をしている。

新井さん、ドロップイン。
落下しながらスパイン(にしか見えないマッシュ)を飛び渡っていく。
途中で木に阻まれラインにてこずっているが無事ボトムへ。

そのとき、自分の頭の中で「行ける」という確信がよぎる。

アドレナリン噴出!
あまり考える必要はない。チキンになるだけだから。
行けると思った自分のイメージを大切にしなきゃ。

ドロップ。

いつもどおり、一度斜面に入ってしまうと恐怖はなくなる。
次のポイント、次のポイントへ数メーターを飛び降りる。

新井さんもてこずっていた最後の部分、えいやー!で突っ込んでみるがスキーを木に引っ掛け、自分の体だけボトムへ。

Pillow_line2
板ながっ。ウェアださっ。

笑いがこみ上げてくる。
アドレナリン全開のまま、木にひっかかったスキーを取りにクライミングで登る。

怪我もせずになんとか(最後は転げ落ちたが)ボトムへたどり着く。

次のレベルの扉を開けたような気がした。
新井さんのラインを追っただけだけど、いままで滑ったことのない難易度のラインを滑ったのは事実。
またスキーが楽しくなった!

このマッシュを筆頭に、要所要所でプッシュしてきました。
クリフを飛んだり、シュートに入ったり、きれいに整備されたパークに入ったり。
パークは上級者も一般の人も楽しめる雰囲気で、ヘボイながらも気持ちよく飛んできました。
久しぶりにハーフパイプにも入ったけど難しかったなぁ。リップから飛び出すのはなかなか難しい。プチクラッシュして左肩が脱臼気味。
天気と雪がベストではなかったので、思い切りプッシュした訳ではないけど、自分のレベルを少しでも上げられたことは事実かな。

今後も大きな怪我をしない程度にPushしたいものです。

P2150314_2
アークテリクス本社に行って、

P2150317
アウトレットを物色。物欲を刺激するものはなかった。

P2160340
ショージ君のおかげで、ウィスラーローカルの家に泊めてもらうことに。

P2160342
うーん、快適!車中泊するつもりでシュラフ持ってきたんだけど。

P2160343 
お好み焼き&鍋のご馳走。

P2160344
新井シェフ。

P2170359
バックカントリー一発目。あのぅ、急なんですが。。

P2170365 
いい感じのシュートを登ったり。

P2170369
バリバリのクラストを滑ったり。

P2180378
Prior の工場を見学に行ったり。

P2180394
またまたウィスラーローカルの家で美味しいご飯をご馳走になりながらDEEPな話をしたり。

P2190399_2
ちょっとしたシュートを滑ったり。

P2190411
豪華にステーキを焼いてみたり。

P2200421
後半滞在したSquamishという町では、ずっと雨・・・

P2210432
新しい板を早速乗ってみたり。

P2210434_2
クリフから落ちてみたり。

P2210435_2 
なかなか見栄えのいいシュート滑ってみたり。もちろんスキー場内。

日本にも欲しいなぁ。こんなスキーリゾート。

|

« 久々に海 | トップページ | 新しい板 - DPS Lotus 120 »

コメント

いいとこ滑ったねー!
俺もがんばります。
ところでゆうじ君やせたorやつれた?

投稿: sekinet | 2007年2月25日 (日) 23時17分

>Sekinetさん
白馬の調子はどうですかー?
ウィスラーのゲレンデ+BC1本しか滑ってないですが、
日本の、そして白馬の斜面とパウダーは世界に誇れるとやっぱり実感しましたよー。
八方尾根に誰かリフト掛けてくれないかな~(笑)

ゆうじは・・・顔がすこしやつれたような???

投稿: あかひ | 2007年2月26日 (月) 10時25分

ども!!
帰って来て早速風邪引いたよ!週末波あったのになぁ。。。

ウィスラーの旅、お疲れ!!色々ありがとう。ヒサビサにシゲキックス
だったよ。マジ。

俺がやつれてるのは、韓国、日本トリップからそのままウィスラー入り
したためです。基本的にふくれ続けてます!!

投稿: ゆうじ | 2007年2月26日 (月) 10時48分

風邪ひいいたかー。
エランバイタルガブ飲みでしょー!

俺は花粉にやられぎみ。

投稿: あかひ | 2007年2月27日 (火) 20時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Push! - Whistler, Canada:

« 久々に海 | トップページ | 新しい板 - DPS Lotus 120 »