« 白馬セッション-2日目 | トップページ | 千葉北 Mellow day »

2006年3月24日 (金)

白馬セッション-3日目

昨日の吹雪でたまったパウダーを求めて、ウラヒヨ~若栗へ!!

Img_0247

3月20日(月)

誰も予想していなかった季節はずれの降雪。その恩恵に預かろうと、行ってみました、ウラヒヨ~若栗。

もともと、天狗のほうへ行こうとしていたんだけど、視界不良でルート変更。
やっぱ、気持ちよく滑ってなんぼなんで、視界利かないとつらいよね~。

Img_0251
今日の1本目。

さて、ドロップポイントにつき、各自ピットチェック。
思ったより稜線上も稜線下も粉が溜まっていない。でも沢に入れば良さそう~。とりあえずほじくってみた感じ、気になる弱層はなく、心配だったウインドスラブも発達してない。じゃ~行きますか~。

ゆうじがまずは先頭。随時、無線で状況を伝えてくれる。沢下部はそれなりに良さそうだ。
で、セカンドが滑り始めてしばらくしたところ、ゆうじから無線が入る。

「雪崩れた!」

Img_0256_1
こんな感じで雪崩れちゃいました。

幸い、滑走者はすぐにエスケープポイントへ逃げれたので大丈夫だったけど、危なかった。破断面で最大70センチくらい。大規模ではなかったので、致命的ではないけど、巻き込まれたら怪我してたかもしれない。

下から、状況を教えてもらい、安全な斜面を少しずつ下る。
無事、残り全員がボトムへ到着。さすがに精神的に良くないよね。

雪崩れは典型的なウインドスラブで、沢上部でピットチェックした際にはこの危険を感知することができなかった。沢底は天狗から吹き降ろす風が非常に強く(稜線付近で吹いている風とは方向も強さもかなり違う)、シュートの一番深いところに部分的に叩きつけられながら積もったようだ。
今後の教訓になりました。

さて、気を取り直して、お散歩気分でハイク。
若栗はさすがにいいだろう、と胸に期待を抱いて。

Img_0261
天気も回復してきた!

Img_0262

Img_0264

Img_0265

期待していた若栗斜面は、ツリーの中なのに、信じられないくらいのアイスバーン。少し降りていくとモナカ。少し向きを変えると、やわらかかったりしてかなりトリッキー。

今度は絶対1月か2月ね!!なんて、下山後にはすでに次の白馬セッションの話で盛り上がりました。

Img_0271
ゆうじラストラン!

1日目は白馬の頼もしきナイスガイ、にしやんのおかげでナイスコンディションに当たったけど、2日目、3日目は俺とゆうじのガイド。コンディション的にはちょっと残念だったな。
(でも全国各地で遭難事故が起きるコンディションでとりあえず、バックカントリーを滑れただけよしとしますか・・)

でも、楽しい仲間と一緒に山で時間を過ごせたことは、本当に良かった!また近々セッションすることを誓って帰路に着きました。

こちらもご覧ください:
http://yokohachi.cocolog-nifty.com/
http://backside.exblog.jp/
http://hi6funwave.exblog.jp/
http://blogs.yahoo.co.jp/republik_style/

|

« 白馬セッション-2日目 | トップページ | 千葉北 Mellow day »

コメント

おお!!
貴重なラストランショット、ありがとう。
まぁ帰ってくる頃までに新たな垂涎斜面開拓しといてね。

投稿: ヨコ | 2006年3月24日 (金) 22時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬セッション-3日目:

« 白馬セッション-2日目 | トップページ | 千葉北 Mellow day »